診療
時間
⽉-⼟ 9:00-18:00/⽔ 9:00-13:30/休診⽇ ⽊・⽇・祝⽇ 06-6882-5151
instagram

インプラント

インプラント治療について

インプラント治療について

インプラントとは

天然歯に近い咬み心地・自然な
見た目が再現されやすい治療法

インプラント治療とは、失った歯の部分にチタン製の人工歯根を埋入し、その上から人工歯を取り付けることで、歯の機能と見た目の回復を図る治療法です。

これまでは「入れ歯で硬いものを噛めなくても仕方がない」と諦められていた方も、インプラントを使用することで、ご自身の天然の歯に近い感覚で快適に食事ができるようになります。

インプラントの疑問を解消しませんか

  • 入れ歯とインプラントどちらがいいの?
  • インプラント治療って痛そう
  • 期間や費用はどれくらいかかる?
  • 骨が足りないとインプラントできないの?
  • 実績のある先生にとりあえず相談したいなど

インプラントは「第2の永久歯」とも言われる優れた治療法です。入れ歯が合わない方や、今あるご自身の歯を残したい方には、特にインプラント治療がお勧めです。
長持ちするインプラントであれば、入れ歯やブリッジの治療を何度も行うよりも結果として費用を抑えることができる場合もあります。

当院ではカウンセリングのお時間をしっかりと設けておりますので、まずはお気軽にご相談ください。
不安や疑問を一緒に解消し、あなたにとってベストな方法を見つけましょう。

インプラント治療で
歯科医院を選ぶ際の
ポイントについて

インプラント治療で歯科医院を選ぶ際のポイント

インプラント治療には歯科用CTが
必要不可欠です

歯科医院によっては、インプラント手術の際にパノラマレントゲン撮影のみ用いて、あとは歯科医師の経験や勘を頼りにした手術を行うケースがあります。
パノラマレントゲンは、お口の全体的な状態を確認するためには非常に有効ですが、インプラントの術前検査としては十分とは言えません。

インプラント治療では骨にインプラントを埋め込むため、インプラントを骨にしっかりと固定をするには、骨の立体的な形状やインプラントを埋入する位置を正確に把握することが重要です。
そのため当院では、インプラント手術においてのCT撮影は必要不可欠であると考え、精密な診査診断に活用しています。
インプラント治療を受けるときの判断材料の1つとして、「CT撮影ができる医院である」かどうかは重要なポイントだと言えるでしょう。

インプラント治療の
メリット・デメリットについて

メリット・デメリット

インプラント治療のメリット

  1. 見た目が天然の歯のように美しい インプラントは、限りなく天然歯に近い見た目です。ぱっと見ただけでは人工の歯だとは分かりませんから、他人の視線を気にすることなく思いっきり笑うことができます。
  2. 自分の歯に近い感覚でよく噛める インプラントはご自身の歯と同じようにものを噛むことが可能です。入れ歯やブリッジよりも安定感に優れており、硬いものもしっかり噛めるのでお食事を楽しんでいただけます。
  3. 健康な残存歯を削らない 歯を削ればダメージは避けられず、歯の寿命が短くなってしまいます。ブリッジの治療では、支台装置を中心の人工歯に固定するために左右の歯を大きく削らなくてはなりません。
    一方で、インプラント治療は失った歯を補うために隣の歯を削ったり、大きな負担をかけたりすることはありません。
  4. あごの骨が痩せない 歯を支える役割を果たしている顎の骨は、歯を失ってしまうとどんどんやせていきます。インプラントを骨に入れ機能を回復させることで、顎の骨が衰えるのを防ぐ効果が期待できます。

インプラント治療のデメリット

  1. 治療後の定期的なメインテナンスが
    必要
    治療後は3~6か月に1回は歯科医院にて適切なケアを受けるようにしましょう。インプラント周囲炎を予防し、インプラントを長持ちさせるためにも定期的に専門的なメインテナンスを受けることが大切です。
  2. 保険適用外の自由診療
    (医療費控除の対象)
    インプラント治療は健康保険適用外の治療です。治療の費用面での負担が大きくなります。ただし、インプラント治療は医療費控除の対象となるため、確定申告の際に治療費の負担を軽減できる場合がございます。
    医療費控除とは
    医療費控除とは、医療費の負担を軽減するために設けられた制度です。本人または本人と生計をともにする配偶者や親族などのために支払った1年間の医療費が、一定の金額を超えた場合に適用となります。手続きをする事で、1年間のうちに10万円以上の医療費を支払った場合に所得税の一部が戻ってきます。
    (※医療保険による高額療養費とは別のものになります。)
    控除額の計算の仕方
    医療費控除額(最大200万円)=《医療費の総額》−《10万円もしくは所得額の5%(どちらか少ない方) 》-《保険金などで補填された金額》
    インプラント治療においても、この制度を利用すると医療費の負担を軽減することができます(美容目的の場合は対象外です)。 医療費控除の詳細につきましては、税理士または最寄りの税務署にてご相談ください。

インプラント治療の流れ

  1. 精密検査・治療計画 天満コンセプトP歯科 カウンセリングにて丁寧にご希望をお伺いし、CTを用いた精密な診査・診断を行います。診断の結果をもとに様々な治療法の中から、患者さんのお口の状態に最も適したものをご案内し、治療計画を立てます。
  2. 1次手術 天満コンセプトP歯科 顎の骨にドリリングを行い、インプラントを埋入します。当院では院内にオペ室を完備し、より清潔な環境のもと外科的処置を行える万全な医療設備を整えています。
  3. 治癒期間 天満コンセプトP歯科 埋入したインプラント体と顎の骨が結合するために必要な期間として、埋入後3~6ヶ月ほど時間をおきます。その間、仮歯をお使いいただける場合もあります。
  4. 2次手術 天満コンセプトP歯科 人工歯を取り付ける準備を整えます。術後1~6週間程度おきます。
  5. 人工歯の装着 天満コンセプトP歯科 人工歯を装着します。当院では、人工歯とインプラントをスクリューで固定します。
  6. 治療終了・定期的なメインテナンス 天満コンセプトP歯科 治療終了後は末長く健康的な状態を保っていただけるよう、3~6か月に1回の頻度でご来院いただき、噛み合わせの調整やクリーニングなどを行います。治療後も責任を持ってしっかりとサポートをさせていただきます。

『骨が足りない』『骨が薄い』場合の
インプラント治療

インプラント治療では骨に土台を埋め込むため、骨には一定の高さが求められます。歯が抜けてから時間が経過していたり、歯周病などが原因で骨が少なくなったりして高さが足りない場合には、骨を増やす処置を行います。

GBR(骨誘導再生法)

インプラント周辺の骨の足りない部分は、『骨補填材料』という人工材料や生体材料を使用し、足りない部分をを補います。骨が著しく不足している場合でも、吸収性コラーゲン膜やチタンメッシュを併用などの処置を行うことで、インプラント治療が可能になります。

ソケットリフト

上顎洞の下の骨に骨補填材を挿入し、専用の器具で上顎洞底を押し上げます。十分な高さまで上顎洞底が持ち上がったらインプラントを埋入します。持ち上がった部分はおよそ4~5ヶ月で骨に代わります。ソケットリフトのメリットは、サイナスリフトに比べて侵襲性が小さいところです。

サイナスリフト

上顎洞の横の部分の歯ぐきをめくり、上顎洞を露出させます。上顎洞を上に持ち上げて、できたスペースに骨補填材を挿入します。半年程度で十分な量の骨ができます。
「骨が足りない」と他院で診断を受けた方も、当院であればインプラント治療が可能なケースがございます。まずは一度当院へご相談ください。

インプラントの治療費について

インプラント

インプラント
前歯部コース(上部構造含む) 495,000円
臼歯部コース(上部構造含む) 440,000円

上部構造

プロビジョナルクラウン(仮歯) 55,000円
クラウン(前歯) 176,000円
クラウン(臼歯) 154,000円
フルジルコニアクラウン 110,000円
メタルクラウン 55,000円

その他

CT撮影・診査診断 22,000円
サージカルガイド 55,000円
GBR(骨造成術) 110,000円
ソケットプリザベーション(骨造成術) 77,000円
サイナスリフト 330,000円
ソケットリフト 110,000円
24時間
オンライン予約