診療
時間
⽉-⼟ 9:00-18:00/⽔ 9:00-13:30/休診⽇ ⽊・⽇・祝⽇ 06-6882-5151
instagram

歯周病治療

歯周病治療について

歯周病について

歯周病とは

歯周病とは、歯周疾患とも呼ばれ、歯肉(歯茎)に限局した「歯肉炎」と歯根膜、セメント質、歯槽骨といった歯周組織にまで炎症が波及した「歯周炎」とに大別されます。昔からよく「歯槽膿漏」という言葉が使われていましたが、これは、「歯周炎」や「歯周炎の進行した重度の状態」を意味しています。

「歯肉炎」は比較的軽度の状態であり、治癒、健康な状態への回復が見込みやすいものですが、「歯肉炎」が進行して発症する「歯周炎」は骨(歯槽骨)の喪失を伴いうため、元の状態まで回復、治癒することが難しい病気です。

成人の8割が歯周病

ギネスブックにも、「全世界で最も蔓延している病気は歯周病である。地球上を見渡してもこの病気に冒されていない人間は数えるほどしかいない。」という記載があります。実際に、日本でも成人の約8割が歯周病である、という報告もあり、今では「国民病」という認識になってきています。

骨の喪失を伴う「歯周炎」は特定の遺伝的なものを除いて、18〜20歳以降に罹患、発症することがわかってきました。わかりやすく言えば、「大人しかならない病気なのに、ほとんどの大人がなっている病気。」とも言えます。

実際にこれは大きな問題となっており、現代の日本において、「歯を喪失する原因」の第1位が「歯周病」です。歯周病が直接的な原因となり死に至ることはありませんが、他の全身疾患との関連から間接的に影響を与えたり、寿命を短くしてしまう原因にはなることもあります。特に「糖尿病」との関連については強く注意喚起がされており、「歯周病は糖尿病の第6の合併症」と言われるようになりました。

歯医者さん=虫歯のイメージが強い

これほど重要な病気にも関わらず、残念ながらまだまだ国民全体の病気に対する意識は低い状態です。未だに「歯医者さん=虫歯」のイメージが強く、歯周病という病気に対する治療、予防を行う習慣が身についていません。まずは歯周病について知ることが重要です。

自分が歯周病であることを知らない、理解していない、という方がたくさんいらっしゃします。当院では、そういった方が1人でも多くご自身の体のこと、病気のことを知り、歯周病に対する治療、予防に取り組んで頂き、健康を作っていけるようにお手伝いをさせて頂きます。

歯周病は歯を失う原因の第1位

日本人の成人の約8割が歯ぐきに何かしらの問題を抱えているとされ、歯を失う最大の原因の第1位が歯周病となっています。
歯周病を患うと歯ぐきが炎症を起こし、歯を支えている歯周組織がダメージを受けます。症状が進行すると歯がグラグラ(動揺)し始め、最終的には歯が抜け落ちてしまうのです。

また、歯周病が悪化すると心筋梗塞や脳梗塞・糖尿病など全身疾患のリスクが高まることも分かっています。
日頃から適切なセルフケアとプロによるメインテナンスで歯周病の予防を図るとともに、定期的に検診を受けることで症状の早期発見と早期治療に努めることが重要です。

歯周病になってしまった場合の
全身へのリスク

近年の研究では、歯周病が全身のさまざまな疾患などと深く関わっていることが報告されています。

  1. 糖尿病との関連性 近年、特に注目されているのが「糖尿病と歯周病」の関連性です。糖尿病は、今や予備軍と合わせると日本人の24.2%(2016年 国民健康・栄養調査より)・日本人の4人に1人が罹患しているとされている国民病とも言われる病気です。
    歯周病は、糖尿病を重症化させやすく、血糖コントロールに悪影響を与えやすいと言われています。
  2. 早産や低体重児出産との関連性 妊娠期は身体の変化やホルモンバランスの変化により、お口の中の環境が悪化しやすく、歯周病にもなりやすいとされています。また、歯周病菌が子宮の筋肉に影響を与え、早産や低体重児出産を引き起こす可能性があるとされています。
  3. 肺炎との関連性 歯周病菌が肺に侵入することで、肺炎を引き起こすケースがあることが指摘されています。
  4. 心臓疾患・動脈硬化との関連性 歯周病菌が動脈硬化を引き起こしやすくすると言われています。さらに歯周病のばい菌の影響で血管の中で血栓もできやすくなるため、血管が詰まりやすくなり、歯周病の人はそうでない人に比べて約3倍脳梗塞になりやすいと言われています。

当院の歯周病の治療
について

歯周病について

歯周病治療は、
細菌のコントロールが重要です

口腔内にはおよそ300種類の細菌が存在しており、お口の環境が悪化すると増殖します。
当院ではまず、お口の状態に合わせてブラッシング指導や歯石とりなどのプロケア(プロによる専門的なケア)を行い、ご自宅でのセルフケアだけでは落としきれない歯垢や歯石を徹底的に取り除きます。

同時に、患者さんご自身でのプラークコントロール(歯垢や細菌の抑制)の方法をお伝えしていきます。特に長い年月を経て進行した歯周病の改善を図るには、腰をすえてじっくりと継続していく必要があります。もし治療の途中で通院をやめてしまい、悪化したために再びご来院された時は、すでに手の施しようがない状態になっているケースも少なくありません。

当院では、患者さんのスケジュールに合わせて診療を行なっておりますので、ご自身の歯と健康を守るために、しっかりと治療を受けきりましょう。

歯周病には
生活習慣も密接に関わっています

歯周病の原因はお口の中の細菌だけではなく、喫煙や飲酒・ストレス・歯磨きの仕方など生活習慣が深く関わっていることが多々あります。
また、糖尿病などの生活習慣病が重なると歯周病は進行しやすくなるとされています。そのため、歯周病治療には、患者さんのライフスタイルや持病などを考え合わせ、原因となる因子を特定していくことが鍵となります。

当院では、歯科医師・歯科衛生士ともに同じ担当者が診療を行うことで、一人ひとりの患者さんのご状況やご希望を踏まえて、じっくりと適切なサポートを行なっております。

歯周病の症状段階・治療方法

歯肉炎:歯肉の腫れがある軽度の歯周病

歯ぐきに炎症が起きている状態で、歯磨きや食事などの軽い刺激でも出血しやすくなります。

歯周病
治療方法

歯科衛生士によるスケーリングやSRP(スケーリング・ルートプレーニング)で丁寧に歯石を除去し、毎日の正しいセルフケアについて指導させていただきます。定期的に通院し、良好な状態が保てるようにメインテナンスをしていきましょう。

軽度歯周炎:歯肉の腫れや歯石の沈着がある軽度の歯周病

歯根の約半分の深さまで炎症が広がり、歯周組織が少しずつ破壊されはじめます。

歯周病
治療方法

歯科衛生士がプロの技術で歯石や歯の着色汚れを除去し、毎日のセルフケアを正しく行えるように指導させていただきます。良い状態を維持するためのメインテナンスも定期的に受けましょう。

中度歯周炎:歯石が歯肉の奥に沈着し、歯肉が腫れ膿が出てきたりする歯周病

歯根の約3分の2の深さまで炎症が広がり、歯周組織が深刻なダメージを受けます。歯周ポケット(歯と歯茎の間の溝)から膿が出ることで、口臭が強くなる場合もあります。

歯周病
治療方法

ここまで歯周病が進行してしまうと、歯磨きなどのセルフケアだけでは改善が望めません。歯科衛生士が歯肉の中にたまった歯石を取り除きます。また状態によっては麻酔が必要になる場合があります。

重度歯周炎:歯が動いたり浮いてきたりする歯周病

歯周ポケットは6mm以上で10mmに及ぶものもあります。硬いものなどが噛みにくくなり、歯磨きでは毎回のように出血するようになります。放置してしまうと歯が自然に抜け落ちることもあります。

歯周病
治療方法

歯周病が重度にまで進んだ場合は、外科手術が必要になるケースがほとんどです。手術によって、歯の周りのプラークや歯石等の汚れを徹底的に取り除きます。
同時に、歯周病で凸凹になってしまった骨の表面を整える骨整形や骨切除などの『切除療法』や、歯周病に罹った歯の周辺の骨や歯肉を再生させる『歯周組織再生療法』を行うことで、残っている歯をより長く残すことができる可能性があります。

中等度・重度歯周病の場合に行う「歯周組織再生療法」

歯周病について

失った歯周組織を再生し、本来の機能回復を図る治療法

歯周病が進行すると、歯を支えている歯根膜や歯槽骨といった歯周組織が破壊されます。そうして失われてしまった骨や組織は、基本の歯周病治療では回復させることは出来ません。そこで、この骨や組織の再生・回復を図るために行う方法が、歯周組織再生療法となります。

歯周組織再生療法について

当院では、歯周組織再生に役立つと考えられているエナメルマトリックスタンパク質を含んだ薬剤を歯根に塗るエムドゲイン、細胞を増やす成長因子を主成分とした歯周組織再生医薬品を用いて歯周組織の再生を図るリグロス、骨欠損内の骨形成の促進が期待される吸収性コラーゲン膜(バイオガイドやossixなど)、人間の骨の成分構造によく似た骨移植材料(バイオオスなど)を用いて、歯周組織の再生を促します。

いずれの方法にしても、まず歯周病の検査を行い、基本的な治療を行った後で行うことが必要です。患者さんのお口の状態に合わせて、最適な方法をご提案いたします。

詳しく知りたい方は下記の画像クリック

歯周病治療ナビ
24時間
オンライン予約